設立趣旨

設立趣旨

AJU車いすセンターは障害を持つ仲間が地域社会の一員として活動しようと昭和50年に生まれました。
足が不自由でも車いすに乗れば買い物にも旅行にも行けます。
また、多くの車いすユーザーが街に出かければ、日常見るの風景となり、だれもが住みやすい街づくりへの発想に繋がります。
福祉制度やサービスは昭和50年代に比べ飛躍的に充実してきました。
しかし、現実に制度の狭間は存在し、そのために家の中に押し込められている方がいます。
住み慣れた地域で自分らしい生活をおくるための一助として貸出事業を行っています。

お願い
地域生活の一助としての貸出を行っていますので、入院・入所中に使用される方への貸出しは行っておりません。
また、養成事業や旅行会社など企業への貸出しも行っておりません。
レンタル会社等をご紹介させていただきます。