AJU車いすセンターの活動

AJU車いすセンターの活動

ピアカウンセリングとは

ピアカウンセリングは1970年代初め、アメリカで始まった自立生活運動の中でスタートしました。
お互いに平等な立場で話を聞き合い、きめ細かなサポートによって、地域での自立生活を実現する手助けをします。
ピアカウンセリングの役割には、大きくわけると2つの側面があります。
精神的サポート 「ありのままのあなたでいいよ」というメッセージ。お互いを尊重しあう。
自己信頼を回復するため、権利擁護・意識確立、施設や親元から独立するため、性やセクシャリティについての悩みに対する、その他対人関係等、自立生活全般に必要な精神的サポートや、自立のための情報提供、住宅探し・情報提供と改造等の相談、所得保障に関する相談・情報提供、仕事、職業に関する相談・情報提供、介助に関するさまざまな情報提供、余暇・旅行・レジャー情報提供、その他、自立生活に関する全般的情報提供および相談。
以上のような相談に応じる障害者を、ピア・カウンセラーと呼んでいます。
当事者のことをもっともよく理解しているのは、その人自身であるという人間信頼、自己信頼にのっとった立場に立ちます。
平等に、対等に、力と時間をつかい、自立生活の実現のサポートをします。
AJU車いすセンターでは、年1回ピアカウンセリング集中講座(2泊3日)をおこなっています。

自立生活プログラムとは

自立生活プログラム(ILP)とは、障害者が自立生活に必要な心構えや技術を学ぶ場です。
障害者と健常者が共に生きる場をつくるために、まず「障害者自身が力をつけていく場」です。
各プログラムの内容は対象者の目標によって決めます。
「介助者との関係」や「制度を使いこなす」、「指示を出して好きな料理をつくる」、「金銭管理」、「フィールドトリップ(外出プログラム)」など、自立生活に必要なあらゆることがプログラムとして提供されます。
AJU車いすセンターでは年に一度長期プログラムを開催しています。
長期プログラムとは週1を全10回で行います。
ILPのリーダーは障害をもつ当事者が担当しますので、安心して相談、質問ができます。