自立生活センター

自立生活センター

自立生活センターとは

自立生活センターとは

(以下、JIL(全国自立生活センター)HPより抜粋)

自立生活センターは、障害者の自立生活の理念を実現させる最も有効な手段として、サービス事業体であると同時に運動体という形態をとっています。

経緯

かつて障害者を援けられるのは医者、OT、PT、カウンセラー等専門家だけだと考えられてきました。しかし1972年カリフォルニア州バークレーに障害者が運営し、障害者にサービスを提供する自立生活センターが設立されました。
自立生活センターが提供するサービスを利用することにより、重度の障害があっても地域で自立して生活することが可能となりました。

JILが考える自立生活センターとは(会員要件)

全国自立生活センター協議会の正会員となる団体は、以下の5つの条件を満たすことです。
意思決定機関の責任および実施機関の責任者が障害者であること。
意思決定機関の構成員の過半数が障害者であること。
権利擁護と情報提供を基本サービスとし、且つ次の四つのサービスのうち二つ以上を不特定多数に提供していること。
  • 介助サービス
  • ピア・カウンセリング
  • 住宅サービス
  • 自立生活プログラム
障害種別を問わずサービスを提供していること。

自立の理念

自立(生活)ってなに?
自分で立つこと?
じゃなくて、自分で洋服をきたりトイレができること?
それとも、自分で自分のご飯を食べるお金を稼ぐこと??
誰にも頼らず、1人で生きていくこと???
いいえ、車いすを利用して移動したって、介助者をつかって服を着替えてもいいんです。年金で生活するのも、必要なサービスを受給して地域で生活することも、ちゃんとした権利です。

私たちが考える自立(生活)とは・・・

1人の人間として、その存在を認められることです。

<世界初の障害者情報誌『リハビリテーションギャゼット』より>
「自立(生活)とは、どこに住むか、いかに住むか、どうやって自分の生活をまかなうか、を選択する自由をいう。それは自分が選んだ地域で生活することであり、ルームメートを持つか一人暮らしをするか自分で決めることであり、自分の生活ー日々の暮らし、食べ物、娯楽、趣味、悪事、善行、友人等々ー すべてを自分の決断と責任でやっていくことであり、危険を冒したり、誤ちを犯す自由であり、自立した生活をすることによって、自立生活を学ぶ自由でもある。」

自立生活運動ってなに?

自立生活運動とは、障害当事者自身によって、障害者が地域で生活をするために必要な制度や社会の意識を新しくつくりかえることです。それは、制度的に介助を保障することだったり、道路や建物をバリアフリー化することだったり、障害者への差別や偏見をなくすことだったりします。
また、障害者ひとりひとりが、 障害を理由に奪われていた経験を取り戻し、自分にもともとある力に気づいていく過程でもあります。
自立生活運動は、1960年代アメリカで「障害者にもみんなと同じ権利を」と、障害者が声を上げたことからはじまりました。

AJU車いすセンターの活動

ピアカウンセリングとは

ピアカウンセリングは1970年代初め、アメリカで始まった自立生活運動の中でスタートしました。
お互いに平等な立場で話を聞き合い、きめ細かなサポートによって、地域での自立生活を実現する手助けをします。
ピアカウンセリングの役割には、大きくわけると2つの側面があります。
精神的サポート 「ありのままのあなたでいいよ」というメッセージ。お互いを尊重しあう。
自己信頼を回復するため、権利擁護・意識確立、施設や親元から独立するため、性やセクシャリティについての悩みに対する、その他対人関係等、自立生活全般に必要な精神的サポートや、自立のための情報提供、住宅探し・情報提供と改造等の相談、所得保障に関する相談・情報提供、仕事、職業に関する相談・情報提供、介助に関するさまざまな情報提供、余暇・旅行・レジャー情報提供、その他、自立生活に関する全般的情報提供および相談。
以上のような相談に応じる障害者を、ピア・カウンセラーと呼んでいます。
当事者のことをもっともよく理解しているのは、その人自身であるという人間信頼、自己信頼にのっとった立場に立ちます。
平等に、対等に、力と時間をつかい、自立生活の実現のサポートをします。
AJU車いすセンターでは、年1回ピアカウンセリング集中講座(2泊3日)をおこなっています。

自立生活プログラムとは

自立生活プログラム(ILP)とは、障害者が自立生活に必要な心構えや技術を学ぶ場です。
障害者と健常者が共に生きる場をつくるために、まず「障害者自身が力をつけていく場」です。
各プログラムの内容は対象者の目標によって決めます。
「介助者との関係」や「制度を使いこなす」、「指示を出して好きな料理をつくる」、「金銭管理」、「フィールドトリップ(外出プログラム)」など、自立生活に必要なあらゆることがプログラムとして提供されます。
AJU車いすセンターでは年に一度長期プログラムを開催しています。
長期プログラムとは週1を全10回で行います。
ILPのリーダーは障害をもつ当事者が担当しますので、安心して相談、質問ができます。