障害者講師派遣事業

障害者講師派遣事業

事業目的

社会の不便さや不自由さにいち早く気がついている私たち障害者自身が、体験を交えてノーマライゼーションの理念を広く伝えることで、誰もが住みやすい社会を創造することをめざしています。
人にやさしい「まちづくり」や「ものづくり」、「利用者の望むサービス」等に関する講座や研修の企画提案やコーディネート、教育現場などへの講演活動など、「講師やアドバイザーとして活動する」という、ハンディがあるからこそできることで、重度障害者の新たな可能性を広げていきます。

派遣実績

心のバリアフリー教室


年度 業務
2018 ○御器所(地下鉄)
  • 日程:7月26日
  • 場所:地下鉄御器所駅構内、昭和区役所
  • 主催:中部運輸局、中部地方整備局、名古屋市交通局
  • 参加者:桜花学園高等学校、名古屋国際高等学校
  • 内容:車いす体験、アイマスク・白杖体験
○桑名(木曽三川公園、観光地のバリアフリー)
  • 日程:9月22-23日
  • 場所:木曽三川公園・桑名七里の渡し公園
  • 主催:中部運輸局、中部地方整備局、桑名市
  • 参加者:一般客、公園職員、歴史案内人
  • 内容:車いす体験
○大江(鉄道事業者向け)
  • 日程:11月5日
  • 場所:名鉄大江駅、矢作建設工業(株)鉄道技術研修センター
  • 主催:中部運輸局、愛知県、中部鉄道協会
  • 参加者:愛知県内の市町村職員、鉄道事業者
  • 内容:車いす体験、アイマスク・白杖体験

福祉実践教室


年度 派遣先(講話/車いす体験)
2018 5月…白木小学校、五条小学校
6月…志段味西小学校、鴨田小学校、橘小学校
7月…日比津中学校
10月…村雲小学校、名城小学校、西春小学校
11月…白金小学校、伊勝小学校
12月…成章小学校

事業内容

講座・研修等の企画提案、コーディネート

「高齢社会の水先案内人」と言われている障害者自身の視点で、講座や研修等の企画、コーディネートを行います。

<企画・福祉体験例>

小学校生・中学校生の福祉実践教室車いす体験(2時限分を使用)
講義:障害を持つ人達の生活や思いを聞く
実践:車いすに乗って校内や学校周辺のバリアフリー体験
ふり返り:体験を振りかえり、感じたことなどを話合い、記録する

福祉実践教室車いす体験

福祉実践教室車いす体験

<企画・コーディネート例>

旅行会社の添乗員、窓口職員研修
講義:障害とは何か/障害者と旅
実践:車いすに乗ってバスや地下鉄に乗車/アイマスクをして街に出る/コミュニケーション障害のある人と話す/宿泊介助体験
懇談会:障害のある人達の生の声を聞く

添乗員、窓口職員研修

理学療法士学科の研修
講義:障害のある人との関わり方/理学療法士に望むこと
実践:車いすに乗って街に出る/食事介助体験
見学:自立生活をしている障害のある人のお宅訪問
懇談会:障害のある人達の生の声を聞く

主な研修内容

企業向け高齢者・障害者おもてなし研修
障害のある人との関わり方などの講義や車いす体験、見えない体験、コミュニケーションに障害のある人と実際に話すなどの実技を組み合わせた研修を行ないます。

高齢者・障害者おもてなし研修

高齢者・障害者おもてなし研修

高齢者・障害者おもてなし研修

バス事業者向け研修
障害の捉え方、障害の特徴などの講義や乗降介助、電動車いす等の取り扱い、コミュニケーションに障害のある人と実際に話すなどの実技を組み合わせた研修を行ないます。
宿泊事業者向け研修
障害の捉え方、障害の特徴などの講義や宿泊施設利用の際の障害別利用方法の実演、客室内での実技、グループ討議などを組み合わせた研修を行ないます。

宿泊事業者向け研修

宿泊事業者向け研修

タクシー事業者向け研修
障害の捉え方、障害の特徴などの講義やタクシー乗降時を想定した座席への乗り移り介助、車いすの積み込み(取り扱い)方法、コミュニケーションに障害のある人と実際に話すなどの実技を組み合わせた研修を行ないます。

タクシー事業者向け研修

障害者講師の派遣

障害のある講師を派遣します。学校の福祉総合教育、専門学校や大学、および、ヴォランティア講座、専門職の勉強会等での講義に是非、障害者講師をご利用下さい。

小中学校の「総合学習」での福祉実践教室
車いすを利用している講師とともに、車いすに乗って校内や学校周辺を移動したり、講師を囲んで話しをすることなどを通して「人を思いやる」ことの大切さを伝えています。

障害者講師の派遣

障害者講師の派遣

障害者講師の派遣

講座・研修等の企画提案、コーディネート、人材派遣事業の流れ

  1. 派遣依頼
  2. 受付(打ち合わせ)
  3. プラン作成
  4. 見積り提出
  5. 講座などの開催・派遣
  6. 意見、感想の聞き取り
  7. 請求書の提出
  8. 支払い

お問い合わせ

AJU自立生活情報センター
TOP>アクセス・お問い合わせ>自立生活情報センター をご覧ください。

福祉研修料金表

福祉研修・当事者講師派遣等料金表

2018/10/1現在

 コース目安時間金額条件等
来所 施設見学、質疑応答2時間まで無料 
福祉現場演習(大学非常勤講師扱い)半日25,000円/回30名まで
車いす体験2時間まで4,000円/グループ1グループ4名まで
4時間まで6,000円/グループ
6時間まで8,000円/グループ
障害当事者の自宅訪問4時間まで5,000円/グループ1グループ4名まで
教員免許取得のための介護等体験6時間/日×5日1,600円/人日1クール2名まで
訪問/出張 小中学校総合学習
障害当事者による講話、福祉体験
1コマ10,000円/コマ交通費別途
車いす体験等
障害当事者による演習
30分まで5,000円/回体験コース設営等を含む
交通費、車いす等の運搬費別途
60分まで8,000円/回
90分まで10,000円/回
120分まで12,000円/回
大学・短大・専門学校
障害当事者による講義・演習・実習
1コマ10,000円/コマ ~半期、通年割引あり
交通費別途
自治体職員向け各種研修
講演・グループワーク
1コマ30,000円/コマ ~1コマ2時間まで
交通費別途
一般市民向け各種セミナー
講演・グループワーク
1コマ30,000円/コマ ~1コマ2時間まで
交通費別途
  • 障害当事者からのヒアリング(意見聴取)、バリアフリー検証(製品モニター等)等も承ります。
  • 福祉研修等の企画提案、講師・被験者のコーディネート(属性別の人数調整)等も承ります。
  • 福祉実践教室、福祉教育、いのちの授業、障害者差別解消法研修、人権研修等に対応いたします。
  • 車いす体験、アイマスク体験等、研修の中身については応相談。
  • 詳細についてはご相談ください。

▼お申し込み・お問い合わせ
社会福祉法人AJU自立の家 自立生活情報センター
電話 052-841-6677

メールによるお問い合わせ