トップバナー
 お問い合わせ

ウェルフェア・コンサート

第15回(2006年)出演者プロフィール

六華仙

六華仙・写真

『六華仙』とは、作曲家神津善行氏が『世界に誇れる東洋音楽の復興』を目指して結成した女性11名のグループです。
卓越した技術を持つマリンバ・箏・フィドル・薩摩琵琶・ピアノ・アイリッシュハープの日本人奏者8名と、二胡・中国琵琶・三絃・中国箏の中国人奏者3名を選び抜き、数年間の訓練の上、結成されました。
日本人にも外国人にも理解できる美しい東洋の響きを持つグループです。
現在までにオーストラリア・マレーシア・タイ・シンガポール・ニューヨーク・インド等で公演し、諸外国の舞台に日本の代表として招かれ、最高の評価を受けています。クラシック・ジャズ・民謡・日本童謡までレパートリーは広く、夢のような音色を聴かせることで話題になっています。

草刈 とも子 打楽器 マリンバ,リーダー

草刈 とも子・写真

国立音楽大学卒
マリンバ奏者として卓越した技術を持つ人で、人格的やさしさがあり、六華仙結成以来リーダーをつとめてもらっている。

松坂 典子 日本箏-25絃箏

松坂 典子・写真

東京芸術大学邦楽科卒
豪快な演奏をする。大柄な身体なので迫力があり、聞いていると圧倒される。度胸は人一倍あり、開き直った時の演奏はたいへんに魅力がある。

坂田 美子 薩摩琵琶・唄

坂田 美子・写真

半田淳子門下出身
琵琶語りは、作曲・歌唱・演奏の全てを一人でするので、全ての部分での能力が必要とされる。いずれも他の追従をゆるさぬものを持っている。

松井 朋子 打楽器 マリンバ

松井 朋子・写真

国立音楽大学卒
草刈とも子門下で時々六華仙に手伝いに来ていて、スカウトした。演奏家にはある意味での度胸と技術が必要で、これで音楽が面白くなる。

鎌田 しのぶ ピアノ

鎌田 しのぶ・写真

東京芸術大学卒
室内楽で何度も賞を受けている実力派で、正確な演奏と的確なリズム感を持つピアニストである。六華仙のアンサンブルを根底で支えている。

費 堅蓉 中国琵琶・三味線

費 堅蓉・写真

中国上海音楽大学卒
才能ある演奏家で、三弦・琵琶・中阮・柳琴・月琴など様々な楽器をこなす。専門は三弦と作曲で、三弦独奏曲の作品は数多くの賞をとっている。

田尻 かをり フィドル

田尻 かをり・写真

桐朋学園大学音楽学部卒
六華仙が使用しているフィドルは、ヴァイオリンほど発達していない楽器なので、音が出し難く奏法がむずかしいのだが、いち早く克服してしまった。

姜 小青 中国箏

姜 小青・写真

北京中央音楽大学卒
15歳で北京中央音楽大学に入学した天才少女。中国古典音楽技術をしっかり勉強した人なので、どんな音楽に対しても探求心があり理解力も早い。

小橋 かおり 古典ハープ

小橋 かおり・写真

東京芸術大学卒
8歳からハープを始めている。六華仙では古典ハープを担当しているが、本来のペタルハープでの演奏はとても優雅で、人を惹き付ける魅力がある。

シュウミン 二胡

シュウミン・写真

西安音楽学院卒
父親から二胡を学び15歳から演奏活動を始める。その後西安音楽院で学び、数々の賞を受賞している。正統派の奏者で淡々と弾く音には哀愁がある。

石田 さえ 薩摩琵琶・唄

石田 さえ・写真

半田淳子門下出身
低調子を担当、坂田美子の妹弟子らしく、コツコツと芸を磨くタイプ。声は低くして太いから、これを長所にして将来は面白い存在になるだろう。

菅原 洋一 ヴォーカル

菅原 洋一・写真

兵庫県加古川市出身。
国立音楽大学声楽専攻科卒業
1958年タンゴバンド「早川晋平とオルケスタ・ティピカ東京」の専属シンガーとして歌手デビュー。
67年「知りたくないの」が大ヒットし、感激のリサイタルをサンケイホールで開催、NHK<紅白歌合戦>に初出場し、スター歌手の仲間入りをする。「誰もいない」で日本レコード大賞を受賞。
また、タンゴの王様アルフレッド・ハウゼ楽団の日本公演に参加。70年「今日でお別れ」で日本レコード大賞他各賞を独占受賞。
86年、87年「TANGO86」「TANGO87」を開催。
92年加古川市より「第1回加古川市文化賞」を受賞。
98年<ジャガイモの会>等チャリティコンサートに積極的に参加。
これからも<愛の歌の伝承者>として生涯現役をモットーに、未来に歌い継ぐべき心のうたを歌い続ける。

中村 メイコ 語り

中村 メイコ・写真

作家 故・中村正常氏の長女として東京に生まれる。
1957年、作曲家 神津善行氏と結婚。
長女 十月(カンナ)、次女 八月(はづき)、長男 善之介(よしのすけ)の一男二女の母。
2歳8ヶ月のとき「P・C・L映画」(現・東宝)の「江戸っ子、健ちゃん」のフクちゃん役でデビュー。
1983年 第34回NHK放送文化賞、2000年 日本文芸大賞エッセイ奨励賞、2005年 松尾芸能賞演劇優秀賞 等々を受賞。
女優として現在も活躍中。NHKテレビ 朝のテレビ小説「さくら」「風のハルカ」他、テレビ・ラジオ・舞台多数出演中。著書として「メイコとカンナの がんばれ!お年寄り」二見書房 「母と娘でいいたい放題」講談社 「夫とふたりきり!これはもう恐怖です」青春出版 他多数。

神津 善行 司会

神津 善行・写真

第18回 出演者プロフィールを参照ください。


構成・演出:
神津 善行
舞台監督:
森   啓

第14回 ← [出演者紹介] → 第16回

お知らせ
  •  

  •  

  •  

AJU自立の家ロゴマーク AJU自立の家 法人本部

〒466-0037名古屋市昭和区恵方町2-15

TEL052-841-5554

FAX052-841-2221

お問い合わせ