かりやタウンミーティング ~ 誰もが利用しやすい公共交通機関を求めて~

かりやタウンミーティング ~ 誰もが利用しやすい公共交通機関を求めて~

 愛知県では 2027 年リニア鉄道開業に伴い、名古屋駅の再開発が進んでいます。また、タクシー業界では UD タクシーの導入がスタート、JR 在来線では金山駅、名古屋駅、刈谷駅でのホーム柵導入が計画されています。そのような中、障害者団体として声を上げ、障害者だけでなく、旅行者や子どもを連れている女性など様々な方にとって、より良い環境を求めていく必要があります。誰もが利用しやすい公共交通機関とするためにどのようにアプローチするべきか、それを事例から学び、考え、ともに行動するための機会とします。

タイムテーブル
13:00はじまりの挨拶
13:10事例紹介
『バリアフリー法改正と事業所へのアプローチ(仮)』
講 師:山嵜 涼子さん(特定非営利活動法人DPI 日本会議バリアフリー部会員)
『茨木市における交通アクセスについて』
講 師:六条 友聡さん(特定非営利活動法人いばらき自立支援センターぽぽんがぽん)
14:40休憩 20 分
15:00意見交換会
16:00終わりの挨拶
参加費
500円
定員
60名
締切
1月29日(金)まで
主催
愛知県重度障害者団体連絡協議会
助成
独立行政法人福祉医療機構