AJU発行の本

AJU発行の本

ご購入方法

以下のA、またはB、いずれかの方法でお申し込み下さい。

A.AJU自立の家書籍ネットショップ(外部リンク)

B.下記、「AJU書籍申込書」をダウンロードの後、印刷して必要事項をご記入の上、「お申込み・お問合せ先」にファックスまたは郵送でお申し込みください。

当事者主体を貫く

不可能を可能に - 重度障害者、地域移行への20年の軌跡

当事者主体を貫く表紙画像
AJU自立の家 編
発行:中央法規出版
定価:本体2,600円(税込2,730円)
後援会会員特別価格:2,200円(税込2,310円)

「障害者の自立」から「地域で共に生きる」へ・・・
最も重度の人より困難な人のところに、問題が端的に表れる。そこに取り組むことが今後の発展の芽につながる。

第1章:取り組みの原点

AJUのめざす福祉/20年の取り組み/創設の原点を振り返る

第2章:地域で暮らす──自分らしく生きる

サマリアハウスのめざしたもの/介助保障の仕組み/自立へのプロセス/自分らしく生きるとは/自立生活を果たした8名の自分史

第3章:働く──多様な自立、社会的役割をもって生きる

売上1億円、工賃10万円を達成/当事者運動からコンサルタントへ/仕事の波をつかまえる/障害者が働くことの意義

第4章:共に生きる地域づくり─誰もが主人公になれる地域をめざして

20年の営みから明日を展望する/障害者が地域で果たす役割/二次障害と高齢化による機能低下を体験して/ボランティアから見たAJU

第5章:当事者主体を貫く支援組織であり続ける

当事者組織としてAJUがなしえてきたこと/社会を変える主体的組織として/誰もが自分らしく暮らせる地域の拠点として/当事者主体の支援組織であり続けるために

チラシは、こちら(PDFファイル・761KB)

成人脳性マヒ ライフ・ノート

二次障害を正しく理解するための手引書

『成人脳性マヒ ライフ・ノート』表紙画像
万歳登茂子・脳性マヒの二次障害実態調査実行委員会 編著
B5判160頁 2013.4発行
特別価格:1,800円(定価2,100円のところ)
ISBN978-4-86342-111-0 C0036

症状・疾患、生活習慣病なども含めた生活面重視の対策の必要性の高まりに即して、障害のある人の健康状態と日常生活・労働環境・医療などの現状と実態を捉える。当事者と医療者が共同して福祉、労働、医療を発展させるための手立てを!

  • 第1部:実態調査の記録と二次障害とはなにか、具体例を示しながら障害を理解。
  • 第2部:障害当事者が執筆
  • 第3部:医療・リハビリ・福祉分野での取り組みを紹介。

二次障害は予防が大切。
「二次障害自己チェック表」を掲載。
CD-ROMには、本文をPDFにして収録。

人まかせの人生やめた

障害者もう一つの履歴書

人まかせの人生やめた表紙画像
AJU自立の家後援会 編
監修:小野金夫
発行:風媒社
定価:1,700円+消費税

79人の79通りの「生きがい」「幸せ」「苦悩」を描いたフォトストーリー。
障害者・ボランティア・地域社会の垣根を越えて、人と人とのきずなを大切にする社会づくりのためのヒントがここにある。

目次
穏やかに、心優しく・・・福地初江(AJU自立の家)
人まかせの人生はやめた!・・・浅野誠一(AJU自立の家)
名前と同じ幸福、たくさん見つけた・・・高橋幸男(下宿屋サマリアハウス)

地域で生きる

自立を目指す重度障害者の自分史から

地域で生きる表紙画像
AJU自立の家 編集
209頁 A5版
定価:2,000円+消費税
中央法規

自分で仕事を見つけ、住む家を探し、介助者を集める。
地域での自立生活を実現した重度障害者7人の自分史と、彼らをサポートする自立の家の取り組みの記録。

目次
地域で変わった障害者たち・・・AJU自立の家に関わった7人の自分史
地域で支える・・・AJU自立の家十年の事業史から

地域で住まう・玄関のあるくらし

脱施設・自立と住まいのリフォーム

地域で住まう・玄関のあるくらし表紙画像
淺井貴代子と仲間たち 編著
200頁 B5版
定価:2,000円+消費税
風媒社

地域での当たり前の暮らしを実現するため、自分の障害やライフスタイルに合わせて住宅改造を果たした20人の障害者の、住まいのリフォーム例と暮らしの実際を紹介。

目次
20人の住まいと暮らしの紹介
住宅場所別の改造事例
道具・小物の工夫
私の住まいができるまで

介護保険には任せられない

「ポリシーのないケアマネージャーはお断りだ」・・・ケアマネージャー必読の書

介護保険には任せられない表紙画像
山田昭義/水谷真/若松利明編
156頁 四六版
定価:1,000円+消費税
風媒社

当事者主体・自立・自己決定はどこへ行ったのか-?
障害者の声はいったい誰が届けたのか-?
生活の実態が反映されず、押し付けを迫る制度ならごめんだ!
障害者が自らの生活の中から発送した介護支援システムを検討し、誰もが自立・参加できる社会を展望した画期的な提言集。

目次
支援とは何か
自立支援システムをいかにつくるか
名古屋市における在宅サービスに対する提言

バリアフリーの住まいをつくる

バリアフリーの住まいをつくる表紙画像
山田昭義(AJU自立の家)星野広見(コミュニティー・コー)
260頁 四六版
定価:2,000円+消費税
風媒社

「バリアフリー住宅」の発想は高齢者・障害者ばかりでなく、すべての人の今後に関わる問題です。本書は、「保険」「医療」「福祉」「建築」の4分野から、社会に開かれた新しい住まいのあり方を考え、リフォームの実際までを盛り込んだ「人にやさしい住宅リフォーム」連続講座をまとめたものです。
よりよく生きるための新発想がここにあります。(愛知県建築部建築指導課監修)

自立を選んだ障害者たち

愛知重度障害者の生活をよくする会のあゆみ

自立を選んだ障害者たち表紙画像
AJU自立の家常務理事・山田昭義編著
310頁 A5版
定価:2,000円+消費税
愛知書房

愛知重度障害者の生活をよくする会の発足から(社会福祉法人)AJU自立の家設立に至るプロセスを豊富なエピソードを交えて紹介。
障害者の自立を目指してきた当事者運動の歴史とそこにかかわった個人の生活史の検証を通して、人間としての自立のプロセスやメカニズムに迫る一冊。
障害者運動をよく知らない若い世代や、障害者の自立生活に関心のある方にお奨めです。

目次
自立概念
運動史
個人史
あとがき